群馬の会社設立をサポート ひかり開業サポート群馬

新着情報


印鑑の種類と運用上の注意点

こんにちは。ひかり開業サポートです。

本日は印鑑の種類と運用上の注意点についてです。

○印鑑の種類
 会社の印鑑は、一般的に代表者印・銀行印・角印の3種類に分類できます。それぞれ役割が違いますので、確認しておきましょう。

○印鑑の役割
 各印鑑の役割は、次のとおりです。

代表者印:法務局に届け出て公的に登録された印鑑です。会社で一番重要な印鑑であり、通常実印と呼ばれます。登記の際や重要な契約の締結にあたって用いられます。

銀行員:取引銀行に届け出た印鑑のことで、預金の出し入れや手形・小切手の振出にあたって必要とされます。

角印:会社の認印に当たります。会社の請求書や領収書などに押印する、最も利用頻度が高い印鑑です。支店がある場合は、支店ごとに1つずつあると便利です。

○運用上の注意点
 印鑑を盗難されて知らないところで押印されたり、誰かが印鑑を持ち出して悪用する可能性もあります。重要な印鑑については、「印章管理規定」を整備するとともに、、印鑑の使用履歴がわかるように「印鑑管理台帳」を作成して、管理を徹底しましょう。
 また、印鑑の管理方法ですが、代表者印は金庫で厳重に管理する必要があります。銀行印についても預金通帳や手形帳などとは別々に保管して、特定のスタッフが自由に使えないように管理する必要があります。
 紛失や盗難等万が一のときには以下の手順に従って速やかに対処しましょう。

代表者印
①直ちに、法務局へ「改印届」を提出して、「印鑑証明書」の交付を停止する。
②所轄の警察署へ「紛失届」「盗難届」などを提出して、「届出証明書」の交付を受ける。
③取引先、関係先に改印した旨の連絡をして、盗難・紛失した印鑑が悪用されるのを防ぐ。

銀行印
①直ちに、銀行へ「事故届」「改印届」を提出して、盗難・紛失した印鑑による銀行取引や手形取引などが行われることを防ぐ。そのほかは、代表者印の②や③と同様です。

ページの先頭へ戻る ▲

群馬マーケティングセンターはこちら