群馬の会社設立をサポート ひかり開業サポート群馬

新着情報


会社法の入門知識

こんにちは。ひかり開業サポートです。

本日は会社法の入門知識についてです。

○会社法とは
会社法とは、会社の設立、組織運営及び管理などについて定めた法律で、平成18年5月1日に施行されました。会社法が施行される前は、会社に関する規定は、商法第2編、有限会社法、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律等のそれぞれにおいて定められていましたが、これらの会社に関する複数の法律を見直して会社法に一本化するとともに、カタカナ文語体の表記からひらがな口語体の表記に改められました。

○会社法が定めたこと
会社法は企業価値を高め、株主の利益を最大化するという理念に基づいて従来の規律を見直し、会社経営の機動性と柔軟性の向上、さらには健全性の確保等を立法の趣旨としています。会社法の制定に際して、見直された主なポイントとして、株式会社設立時の資本金の下限が撤廃され、1円でも会社が設立できるようになったことや、従来の有限会社を廃止して改めて株式会社としての会社類型に統合したことなどが特筆されます。ちなみに、有限会社を新たに設立することができなくなったことから、現存する有限会社は平成18年5月1日以前に設立された会社であるということがわかります。

○会社法に違反したら
上記以外にも会社法では計算書類の作成や会計に関する規定、決算スケジュールなどについて定められていますが、その規定に違反した場合は、もちろん罰則があります。例えば、役員の選任登記を怠った場合などは、100万円以下の過料(罰金)が課せられますので注意が必要です。

○会計に関する規定について
会社法では会計に関する詳細な規定は会社計算規則という省令に委ねています。会社法のみならず会社計算規則などについても理解しておきたいところです。また、会社法や会社計算規則だけで全てが定められているわけではなく、会社法施行令、会社法施行規則といった政令や省令によって補完されていることも覚えておきましょう。

ページの先頭へ戻る ▲

群馬マーケティングセンターはこちら