群馬の会社設立をサポート ひかり開業サポート群馬

新着情報


助成金の申請にチャレンジしよう

こんにちは。ひかり開業サポートです。

本日は助成金の申請についてです。

 サラリーマンを辞め、社長として独立して会社をおこす―このような行為は生半可な気持ちでは出来ないでしょう。
 会社がひとつできれば、そこにはいままでにはなかった雇用や商取引が発生し、新しい経済効果が生まれます。さらに、日本経済全体が、古い会社ばかりに牽引されるのではなく、新しい会社によって、新陳代謝していくことも求められています。ですから、新会社の設立は国や自治体にとっても非常に喜ばしいことなのです。

 そこで新しい会社ができるとき、国や多くの自治体には、創業支援制度のようなものを設け、スタートしたばかりの会社が資金面で困ることがないようサポートしています。日本政策金融公庫、地域の商工会議所のホームページで該当ページを探してみましょう。申請の条件や方法などが詳しく記載されているはずです。

 もちろん、申請にはいくつかの関門がありますが、窓口の担当者などに協力を求め、できる限り自分でやってみてください。多少の労力はかかりますが、出来ないことはありません。
 自分で申請を行う際、経営計画書の提出が求められる場合があります。これを「面倒だな」ととらえずに「外部から求められるまで作っていなかった自分に落ち度がある」と前向きに認識できれば経営者として合格だと思われます。

 創業から1年目の決算がでるまで、銀行から融資を受けることはほぼ不可能です。助成金を申請し、認められれば多少なりとも余裕のある資金繰りが可能になるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る ▲

群馬マーケティングセンターはこちら