群馬の会社設立をサポート ひかり開業サポート群馬

新着情報


コラム アパート経営のリスクとは

こんにちは。ひかり開業サポート群馬です。

本日は、これから会社設立を考える方にコラムを発信します。

アパート経営のリスク

 ここ最近まで、アパート経営は、ある程度資産のある人にとってひじょうに魅力的なものでした。子孫への相続税対策になったり、家賃が安定収入を約束してくれたからです。
 ですが不景気が続くいまでは、不動産管理会社や建築会社のセールストークにのって、安易にアパート経営をはじめるのは、いくつかのリスクがあります。
 まず一つ目に、土地価格の下落です。土地価格が下落すると、新規の住宅やマンションの購入価格が下がります。するとこれまで賃貸ですませていた人が、住宅をローンで購入します。毎月のローンの方が家賃よりも安くなれば、入居者は必然的に減ります。
 また、アパート経営をすすめる営業マンの売上予想額に惑わされてはなりません。
 とたえば、新築して5年ぐらいは満室が続くと予想してもいいと思いますが、5年目以降は、どうしても空き室が目立ってくるはずです。そのときに満室を予想して返済計画を立てていれば、資金が行き詰まるのは目に見えています。
 次に入居に伴うトラブルです。よく裁判になるのが、敷金返還問題です。入居時に契約書でもって、敷金を返す比率や額などを定めていても、全額返還を求める判決などが目立っています。こうなると当初予定していたよりも多くの経費が家主側の負担になることが予測されます。
 もちろん、アパート経営を考えるのは悪いことではありません。ですが、このようなリスクを知ったうえで、対策を行えないのなら、安易に乗り出すことは避けた方がいいと思います。また、家主の負担を減らすため一括借り上げシステムを標榜する不動産会社もありますが、どちらかといえば、不動産会社に有利に設定してあります。
 人任せにせず自分でしっかり管理していく覚悟があれば、アパート経営は成功するでしょう。

ページの先頭へ戻る ▲

群馬マーケティングセンターはこちら